ザ スターズ リトリート vocation.tokyo

仕事運専門鑑定・運勢活用コンサルティング

*

「ニュース」に開運の鍵を見つける方法

      2018/03/24

table-1162230_1920s

こんにちは、吉咲です。

普段、世界で起きているニュース。

幸運をつかみたい、不運を避けたい、と思う人には、実は気にしておいて欲しい「シグナル」なんです。

今回は、どう、シグナルとして使うか、お話ししましょう。

運勢を知る時に大事なことのひとつは、運勢のボリュームをつかむ、という見方があるんですね。

別の言い方をすると「影響の大きさ」です。

ここは、すごく重要です。

例えば、「仕事で変化があります。」

と言ったときに、運の変化の大きさ、という視点考えてみてください。

たとえば、変化、言い換えると影響の大きさを、大、中、小としてみましょう。

仕事の変化が「小」だとしたら。

担当する相手が変わる、増える、減る、担当内容がプラスされる。

などだとしましょう。

それに比べて、仕事の変化が「中」だとしたらどうでしょう。

上司が変わる、部署が変わる、業務内容が変わる。

という感じだとしましょう。

「小」の場合と規模の差がわかるでしょうか。

(この場だけの例えで、実際の鑑定の時などでは、程度としてはもっと大きく差が開く場合があります。)

では、仕事の変化が「大」だとしたらどうでしょう。

役職がついたり、転職だったり、独立だったり、

というような感じでしょうか。

事業をされている方なら、「小」なら扱う商品サービスの一部が変わる。

「中」なら主力商品やサービスが変わる、仕入先が変わる。主力取引先が変わる。主力スタッフの変化。

「大」なら、店舗や事務所の移転、開店、閉店、などでしょうか。

例えにしても、おおざっぱすぎる感がありますが、「変化の規模によって、内容がけっこう変わってくる」、という感じが伝わるでしょうか。

変化のサイズ、変化のボリューム感、規模感で、物事をみる、という視点で見えてくることがありますよね。

ここで、ニュースに気を付けて欲しいというお話に戻しますね。

そう、言いたかったことは、ニュースの「変化量」がポイントなんですね。

普段より、大きいニュースが続いてるとか、あんまりないニュースがあるとき。

この変化は、あなたのところにも、(人によって多少、量は変わりながら)入ってきます。

「あ、いま、このぐらい動く時期にはいってるんだな」という感じで、ニュースをみてもらえると、その少し後に、ご自身にも状況変化がはいってくるのが、、、

わかるかもしれません。

ちなみに、ニュースの内容もけっこうヒントになります。

特に大きな運の動きの時ほど、世界的な規模の企業や人物のニュースになりますね。

金融関係 → そのままお金に関すること
結婚 → 長く続く契約
閉店 → 仕事や人生基盤の変化
事故 → トラブル、事故
開業 → サービスのスタート

といった感じです。

これは、ほんの一例ですが、そんなふうにニュースをみるのも、幸運が入ってくるのをつかむ感覚の訓練や、不運を察知して早めに避ける訓練になって、すごく面白いので、ぜひ覚えておいてくださいね。

【鑑定コンサルティングメニュー】
対面 (電話・Skype)バースプランイヤーリーディング
【お客様の声】こちらから >
【時間】 対面7:30-21:00 遠隔6:00-24:00 完全予約制
【場所】 東京のホテル内カフェ (申込み時に選んで頂きます)
【お問合せ】 24時間いつでも フォーム(PC/携帯)からどうぞ >

大切な皆様へ伝えたいもっと詳しい話、時々ひっそり(笑)書く無料メールマガジン >

 - 仕事運の法則, 運をチェックする方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

cat_fortunehandling
誰でも同じ-「運の基本」を知って、開運のチャンスを増やそう

「運」そのものが、どんなふうに働くものか、ご存じですか? 私たちが、運勢の話を聞 …

klee600
今の自分の仕事運は? 仕事運がいい人に共通する特徴4つ

こんにちは、ビジネス運専門・鑑定コンサルタント、吉咲です。 今回は「仕事運がいい …