ザ スターズ リトリート vocation.tokyo

仕事運専門鑑定・運勢活用コンサルティング

*

幸運の女神の時速は何キロ?

   

幸運の女神は、前髪しかない

幸運の女神は、前髪しかない

聞いたことがあるのではないでしょうか

幸運のチャンスはすぐ通り過ぎることを言い表している喩えですね。

ところで、幸運ってどのぐらいのスピードなんだろう?

そう思ったことありませんか?

私はあります(笑)

実際、どのぐらいのスピードだと思いますか?

私が、運勢鑑定をするようになって、今思うスピード。

それは。

幸運の女神は、時速100km

と、私は考えているんです。

鑑定で沢山の人を見ていますと、幸運を掴めない人がものすごく多いんです。

このサイズの幸運なら、もっと大きな成功を手にしていていいのに。

そういうケースがとても多いんです。

その理由が、即決でいい判断をできていない、というケースがこれがまた多い。

運がいい時に目の前にきた運を即つかまなくて、いつ掴むんでしょうか?

普段は目の前を通りさえしないんですよ。

と、私は思うわけです。

つまり、とにかく、準備不足。

これなんです。

先に判るの運勢鑑定の特技です。

だから、先にどの位の規模の幸運が、いつ来るのかしっかり理解する。

そして多くても数年に一回のすごくいい幸運の時期を最大限に活かすために、しっかり準備をしておきましょう。

幸運というのは、その位価値があるものですよ。

ということで、時速100kmの幸運の女神の前髪を掴むコツを3つ書いておきたいと思います。

時速100kmの幸運の女神の前髪を掴む3つのコツ

幸運は訪れる前に勝負が決まっている

もちろん、この幸運の女神のスビード感は、人によって感じかたは違うと思います。

比喩のスピードではあるのですが、日本だと一応、高速道路の追い越し車線のスピードですよね。

感覚的にですが、ごく一般平均よりやっぱり早いんです。

(ちなみに、80kmまでの高速道路もあるので、気を付けてくださいね。笑)

ふだんから時速80kmに慣れていて、頻繁に時速100km出すよ。

という人なら、ふだん通りですが。

スピードに慣れていない場合、幸運の女神が時速100kmで近づいてきたら。

猛スピードにびっくりして避けるのではないでしょうか?

前髪を掴むどころか、気づいたら遠くに後ろ髪が見えるだけです。

時速100km位か、余裕だな。

と感じる人は、ある程度、運を掴むのに慣れているかただと思います。

なんとなくイメージができてきたでしょうか。

幸運というのは、訪れる前に、掴めるかどうか勝負がほぼ決まっている。

そういうものなんですね。

幸運を掴むスピード感に慣れ、先に「来るぞ」という嗅覚、きたら掴む瞬発力、迷わずがしっと掴む決断力をつけておかないといけないんです。

助走しておく

たとえ慣れている人であっても、いつも時速100kmの幸運の女神の前髪を掴めるわけではありません。

時速40~60kmで進んでいる時に通ったら?

何かの理由で休んだり、時速10km位の時に通ったら?

これは掴めませんよね?

どんな時でも、幸運の女神が通る時に前髪を掴むには?

これはシンプルです。

幸運の女神が来る前に、いつ来るのかを知っていればいい。

いつ、目の前を通るのか先に知っておけば、助走してスピードを合わせておくことができます。

せっかく先に知っていても、充分に余裕をもって準備出来なかったら、効果は半減以下です。

むしろ知らないほうが幸せかもしれません。

もう少し頻繁に訪れる、小さめの幸運を150%生かした方がいいぐらい。

でも、そんな幸運の女神の見習い(?)をつかまえるよりは。

数年に一回の、本当の幸運の女神の前髪を、きちんとつかめたほうがいいですよね。

そのために必要なのが、次のポイントです。

すぐ加速できる状態にしておく

先に知って、助走しておくということ、これが3つ目のポイントです。

幸運を掴まえたときに実際にやることを、先に始めたり、そのボリュームに慣れておく。
何と何がどの程度で揃えばOKで、これがこのレベルに満たなかったらダメ。

可能な限り、先に調べまくって、即答でイエスノーの判断できる位に判断の精度をあげておく

などが一例でしょうか。

その上で、目の前に突然幸運が現れたら、即答で掴めるようにしておく。

こうやって、スピード感に慣れておくことが大切です。

「幸運の女神がきたぞー」

という風の匂いがしたら、あなたもすぐに加速して、幸運の女神と並走できるぐらいにしておきます。

そうすれば、決断の時間も、前髪を掴む時間も、少し余裕ができます。

横に並んで走っていますからね。

加速というのは、例えば・・・

時間を上手に作れるようにしておく。

時間を効率よく使えるようにしておく。

やりたいことのためなら、今できるできないにかかわらずとにかくやる、という姿勢を普段からつけておく。

などなどです。

ね、幸運の女神が通る前に、ほとんど勝負がついていると思いませんか?

幸運の女神は時速100km、と私が言った意味が判って頂けたでしょうか。

たとえ話のようで、意外と本当にこの通りですよ。

スピード感に慣れていないと、幸運の時期の、本当の幸運が通り過ぎる瞬間って、本当に即終わっちゃいます。

だからこそ、普段から、通る時期を知り、助走をしておき、すぐに加速できる状態にしておく。

自分をいい状態にチューニングしておくことが大事なんです。

成功って、運だけでは掴めないんですよ、意外と。

自分が掴める運しか掴めない。

だから、大きく成果を出したかったら、大きく成果を出せる器の入り口ぐらいには立っておかないといけないんですね。

あなたも、今日からこの3つのポイントをしっかり頭にたたきこんで過ごしてくださいね。

 - ◆運勢のマネージメント(基盤編)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

bokeh-553439_640s
保護中: 「魂の深呼吸」について

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。